成田ゆめ牧場で車中キャンプ 車中泊とキャンプの良いとこどり!今回は料理と焚き火を頑張りました

2022年4月
スポンサーリンク

こんにちは、シンコです。

成田ゆめ牧場で1泊2日の3家族グループキャンプをしてきました。お天気にもギリギリ恵まれて、とっても楽しかったです。

ランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
スポンサーリンク

成田ゆめ牧場に向けていつも通り前泊、からのタープ設営

最近車中泊で旅行に行くことが増えていたので、予約してキャンプ場に行くのは、那須白河エンゼルフォレストで雪中キャンプをした時以来です。

いつも通り、金曜日の夜に夕ご飯とお風呂を済ませてから出発し、酒々井パーキングエリアで前泊休憩しました。今回は千葉のキャンプ場で近場なので、移動自体は楽ちんでした。

次の日の朝、成田ゆめ牧場には8:30ごろに着きました。
結構早く着いたつもりでしたが、前から4番目でした。

チェックインは9:30からなので、車内で朝ごはんを食べながら待ちました。
先日キッチンスペース改造とセカンドシートのテーブル化を済ませたので、車中の炊事もだいぶやりやすくなりました。

朝ご飯メニューはフライパンで焼いたトーストとインスタントスープ。

無事にチェックインを済ませ、Bサイトに3家族まとまってサイトを確保しました。

今回の我が家の役割は、タープを張ってリビングスペースを提供することです。
車とタープを吸盤フックで連結し、車内とリビングを行き来しやすくしました。

サイト全体はこんな感じのレイアウトです。
就寝時は車の中で車中泊スタイルなので、テントは張りません。

設営後はサクッとカップラーメンで昼食を済ませました。
もはやもう呑んでいたことがばれますね。

この後、子供たちはテントサイトを走り回ったり牧場の方まで遊びに行ったりしてました。

成田ゆめ牧場はチェックインが朝9時半、チェックアウトが17時と長く滞在できるのが良いところ。設営後もたっぷり遊べます。

夕食の準備開始 今回はパパチームとママチームの連携プレイ

パパチームが子供を牧場に連れて行っている間に、ママチームで火起こしをします。

お友達家族の新投入ギア、モンベルのフォールディングファイヤーピット。まだピッカピカです。

今回は人数が多いので、焼き場を大きくするべく、我が家のスノーピーク 焚き火台とsolostoveも登場です。

だいぶ年季が入ってる…。

この後調理を担当するパパチームのために、カンカンに火を起こしておきました。

無事に火起こしを済ませ、パパチームとバトンタッチして、子供のいるゆめ牧場に向かいました。
閉園まであまり時間がないので急いで遊びます。

釣り堀で魚釣り。1本の竿を兄弟で順番に使いました。

お兄ちゃんは自分で餌をつけたり魚を外したりできるようになってました。成長してる…

釣果は兄一匹、弟ボウズ。
ボウズで泣かなかった弟も成長している…。

その後、閉園間際まで遊具で遊びました。
小学生の面々にはちょっと物足りないラインナップですが、友達と遊ぶと何でも楽しいようです。

ママチームが子供を遊ばせている間、パパチームが調理してくれてました。

今日のメインのビアチキン。隣のVOLVOペール缶をかぶせてじっくり焼くと…

こうなりました!今回は大成功!!皮パリパリで中はジューシー。
もも肉や手羽など、美味しい部分から子供達にもぎ取られていきました。

チキンがいなくなった焚き火台で、子ども達が火起こし練習。
次の焼き肉用に、再度火を強くしてもらいました。

火が暮れてきて、久しぶりにガスランタンを灯しました。

我が家のランタンは、カセットガスを使えるSOTOの”虫の寄りにくいランタン”。
燃料をカセットガスに統一している我が家にとっては、ガスランタンはほぼこれ一択です。

専用のLPガスランタンを使うランタンの方が明るいし、何よりかっこ良いのですが、お手軽さとコスパを重要視するファミリーキャンパーなので…

久しぶりのがっつり焚き火 やっぱり焚き火はいい!

チキンがあっという間になくなったので、後はゆっくりBBQを楽しみます。

モンベル フォールディングファイヤーピットとスノーピーク焚火台を隣に並べてみました。
火の勢いが結構違いますね。

焚火台比較 モンベル フォールディングファイヤーピットとスノーピーク焚火台

熾火になった後はマシュマロタイムです。

私は外がこんがりきつね色になったのが好み、上の子は少し温まったくらいが好み、下の子は生が好みです。

お腹がいっぱいになった後は、大人は焚き火鑑賞、子供は映画鑑賞に移ります。
子供たちがお風呂に行っている間に、車の中にシアターを設営しました。

プロジェクターとスクリーンさえあれば、どこでも映画館にできます。
車内なので外に音も漏れにくく、キャンプ場でも安心です。

子ども達が仲良く映画を見ている間に、大人はじっくり焚き火を楽しみました。
よそ様のお家の物ですが、このモンベルの焚き火台いいな~。薪の燃え方がとってもきれい…。
久しぶりに新しい焚き火台が欲しくなりました。

2日目 残り物で豪華な朝ご飯を食べてから無事撤収

車中泊も回数を重ね、今回も車の中で熟睡できました。
お友達家族によると、夜に赤ちゃんや犬の声が響いていたようですが、鉄板に遮られて気付かなかったです。

成田ゆめ牧場はチェックアウトが17時なので、ゆっくり朝ご飯を準備する時間が取れます。
また、1家族だと朝はシンプルに済ませることが多いですが、グループキャンプだからこそ食べる人も多くて色々な種類のメニューを作れるので、豪華な朝ご飯になりました。
昨日余った焼き肉やチキンもきっちり使い切りました。

キューバサンド。ソフトフランスパンにローストポーク、チーズ、ハム、ピクルスを挟んでぎゅ~っと押しつけて焼きます。

これがやりたくて、LAVAのホットサンドトースターを導入しました。
大人は食べる時にハバネロソースをかけると更に美味。

残っていたチキンを使って急きょオムライス作り。

手持ちのケチャップが少なかったので、バターライスを卵で包んでケチャップをかけるスタイルで。こちらは子供達に大人気でした。

後に残ったお肉とシーフードは、全部使ってスープに。

お鍋からあふれそうなくらいのスープができました。こちらは大人に人気でした。

食後はコーヒーで一息。

今回はコンソメの素やケチャップを持って行っていたので、突然のメニュー追加にも対応できました。次回はカレールーを持って行くのもアリだと思いました。残り物を全部入れてカレーにしてしまえば、子供も大人もパクパク食べてくれるはずです。

たっぷり栄養を付けた後、お昼過ぎに雨が降る前に無事に撤収を完了できました。

帰りは定番通り、酒々井アウトレットに寄って、酒々井温泉 湯楽の里に寄ってから帰りました。
最近はまっているサウナでじっくり蒸されて、キャンプの疲れがすっかり癒えました。

今回は久しぶりのグループキャンプでしたが、とにかくご飯が豪華で美味しくて大満足でした!
就寝は車中ですることで、設営撤収の手間も省けるし、何より安眠できました。車中泊 ✕ キャンプは両方の良いとこ取りができるスタイルだと実感しました。

↓ この記事がお役に立ちましたら、クリックしてもらえるとうれしいです。 ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました