ロッジシェルター カンガルースタイル
母子キャンプでお手軽設営

キャンプギア
スポンサーリンク

こんにちは、コッコです。
この前お友達家族と母子キャンプに行ってきました。
その時のロッジシェルターとワンタッチテントの組み合わせが便利だったのでご紹介します。

ランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ

ほぼ1年中活躍するロッジシェルター

去年、Ogawaのロッジシェルターを中古で購入しました。
1世代前のロッジシェルター1です。初張りの記事はこちら。

大雨でポールを破損(!)した記事はこちら。

ロッジシェルターのカンガルースタイルに挑戦

母子キャンプにあたり、ロッジシェルターを気軽に使いたかったので、カンガルースタイルを試してみることにしました。

家にあったDODのライダーズワンタッチテントをインナーテントにして、下にはコールマンのリビングレジャーシートを敷きました。

良い感じに収まりました。
子供2人はインナーテントの中に、私は左側にコットを置いてその上で寝ました。

遠目からだとこんな感じです。

このコールマンのリビングレジャーシート、シートの縁が立ち上がって石や砂が入りにくくなっており便利なのですが、残念ながら廃盤です。
リビングレジャーシートのサイズは約235×235cmなので、現行のリビングフロアシート (約270×270cm)でも同様に使用できます。

雨天時の撤収 シェルターの中は濡れずに片付け

撤収時は雨が降り始めていたのですが、インナーテントやシートは濡らさずに片付けるとができました。

ロッジシェルターの方は私一人だったので手間取りましたが、お友達家族のパパママに手伝っていただき、本降りの前になんとか撤収完了。

このカンガルースタイル、拡張性も高そうなので、これから色々と試してみたいと思います。

↓ この記事がお役に立ちましたら、クリックしてもらえるとうれしいです。 ↓

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
この記事がお役に立ちましたら、
クリックしてもらえるとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました