テントの中のごちゃつき解消におすすめ
CHUMS Booby Multi Hard Case

キャンプギア
スポンサーリンク

こんにちは、コッコです。
ファミリーキャンプは荷物が多くなりがちです。小物整理のためにCHUMS Booby Multi Hard Caseを使ったら、テント内での探し物が減りました。

ランキングに参加しています。良かったらクリックをお願いします。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村 アウトドアブログへ

テント内の小物整理に悩む

我が家のように小さい子供がいるファミリーキャンプでは、持って行く荷物の種類がどうしても多くなります。

特にテントの中は、

  • 寝間着や予備の服
  • 家族分の寝具
  • ライトやバッテリー等の小物

なとで散らかりがちです。特にテントの中のごちゃごちゃの元になりがちなのが、ライトやバッテリー等の小物類。

我が家ではライト類は全てLEDに統一しています。また、予備に持っていく乾電池を減らしたいので、ライト・機器類はなるべく充電式のものを選んでいます。乾電池を使うものにはエネループを入れていきます。2泊以上のキャンプの時は、これらを充電するための装備も持っていきます。

我が家のライト・機器類をざっと書き出してみました。

  • LEDランタン ×2個
  • LEDスマイルランタン ×2個
  • LED電球
  • LED懐中電灯
  • LEDヘッドライト
  • モバイルプロジェクター

この他、歯ブラシセットやファストエイドキットなども、テントの中でいつの間にかどこかに行ってしまう子たちです。

CHUMS Booby Multi Hard Case 見た目に一目ぼれ!

こういった小物の整理のために、最近までは、コーナンで購入したドライバーやドリルを収納するギアバックを使っていました。

これも持ち運びがしやすくてよかったのですが、深くて仕切りがないので、物が中で迷子になることがありました。またフタが無かったので、積載が少し難しかったです。

そこで、小物整理用にもっと良いものがないかな~、とWild-1を物色している時に一目ぼれしたのがCHUMSのハードケース。カラーリングもすごくかわいい!
サイズがいくつかあったので、悩みに悩んでLサイズを購入しました。

カラーリングのタイプがいくつかありましたが、私が選んだのはこちらのLサイズ。

ガス缶と比較するとこれくらいの大きさ
側面に持ち手があります

使いやすいように色々な工夫がされています。

  • ファスナーを全部開けるとフタががばっと開くので物が入れやすい
  • 位置の調整が可能な仕切りが2つ付いているので、物が迷子になりにくい
  • フタの裏にメッシュポケットがあり、細かいものを分類して入れられる
  • 中面がクッション素材なので、中の物を保護できる
  • フタと側面が硬い素材なので、つぶれる心配が少なく積載の時も安心
  • バックルが付いていて、ベルトを通してショルダーバックのようにもできる

LEDライト、モバイルバッテリー、プロジェクターを入れてジャストサイズ

我が家がこの中に入れているものはこんな感じ。充電器やケーブル類、 歯ブラシセット、ファストエイドキット等も入れています。

緊急事態用にこちらも…

これらの小物を全部入れて、

上に重ねて、

ファスナーをしめます。まだ少し余裕があります。

余談ですが、スマイルランタンは頭の部分を外すとコンパクトに収納できます。

まとめ

  • このケースを導入してから、テント内の探し物が減りました。
  • ライト類やプロジェクターの運搬時も中のクッションが効いているので安心です。
  • 何より、カワイイ見た目で気分が上がります。

テントでよく物が迷子になる方、一度ケースの買い替えを検討してみるのも良いかもしれません。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
この記事がお役に立ちましたら、
クリックしてもらえるとうれしいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました